教科書協会トップページ > 各種届出・申請書 > 拡大教科書のご案内

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Systemsサイトよりダウンロードしてご利用ください。

Adobe Readerダウンロードサイトへ


拡大教科書のご案内

拡大教科書とは、弱視の児童・生徒のための教科書です。
教科書協会の取り組みと発行者別の拡大教科書一覧などをご紹介いたします。

■教科書協会の拡大教科書への取り組み


<教科書バリアフリー法が成立し拡大教科書の発行点数は大幅に増大>

  • 教科書バリアフリー法成立とともに教科書発行者は拡大教科書を発行する努力義務
    平成20年6月「障害のある児童及び生徒のための教科用特定図書等の普及の促進等に関する法律」(教科書バリアフリー法)が成立し、教科書発行者には自社版拡大教科書を発行する努力義務が課せられました。
  • 拡大教科書の発行点数は大幅に増大
    法律が成立する以前から教科書発行者は、独自に様々な取り組みをしていましたが、これを機に各発行者とも取り組みを強化し、拡大教科書の発行点数は大幅に増大しました。

<拡大教科書の作成が教科書発行者の経営を圧迫する要因に>

  • 拡大教科書の作成には多額の経費が必要
    この自社版拡大教科書の作成には多額の経費が必要となり、予算的な裏付けがなければ、教科書発行者の経営を圧迫する要因となりかねません。
  • 文部科学省などに対し予算措置を強く求める
    教科書協会は、わが国の将来を担うすべての子どもたちが学びやすい教科書を発行し続けるために、文部科学省などに対し、予算措置を強く求めています。

■市販拡大教科書一覧

拡大教科書を発行している教科書発行者一覧です。

■拡大教科書作成のための届書

拡大教科書を作成するに当たり必要な届出書を掲載しています。また、原本教科書の提供の流れや受付期間・提供時期なども紹介しています。
拡大教科書関係団体への教科書等の提供についての詳細はこちら

■拡大教科書関係法令


<普及促進>

<著作権>

<供給>

ページトップへ戻る